未経験35歳主婦が資格を取って医療事務になるまで

「医療事務になる!」管理人のミーです。

このサイトは、医療事務の資格も持っていなくて未経験だった私が、資格を取得して医療事務として働き始めるまでのことや、医療事務の仕事や資格、勉強法についてご紹介しているサイトです(^^)

おすすめのスクール

通信講座なら↓

ヒューマンアカデミーたのまな

医療事務の資格の中で一番格が高い「診療報酬請求事務能力認定試験」対策の講座があります!

診療報酬請求事務能力試験を受けない場合も、講座を受講すればほぼ確実に合格できる「医療保険士」が在宅受験で受けられます。

おすすめの資格

医療事務の資格ってものすごいたくさんあるのですが、その中で取得を目指すのならこの資格がおすすめです!

本格派なら↓

診療報酬請求事務能力認定試験

公益財団法人「日本医療保険事務協会」が主催している資格試験。現場で働く人のスキルアップの目的でつくられた資格で、医療事務で一番難易度が高いですが、そのぶん実際の就職で有利になるのは間違いないです。

≫資格の詳細

≫診療報酬請求事務能力認定試験のための講座

短期に取るなら↓

医療事務認定実務者(R)試験

毎月試験を実施していて、ユーキャンなど認定機関の通信講座を受講している場合は在宅受験ができます。

最短4ヶ月での取得が可能です!

≫資格の詳細

≫医療事務認定実務者(R)試験のための講座

医療事務ってどんな仕事?

ひとことで言うと、病院での事務…一番メインになっているのが診療報酬の請求で、これは患者さんが受けた医療行為の保険点数を計算して、患者さんが加入する健康保険組合に診療報酬を請求する業務です。

診療報酬明細書(レセプト)っていう、患者さんが受けた医療行為の点数が何点かを書いた明細書を作成して、それを健康保険組合に提出して、1点10円で計算した診療報酬を支払ってもらう※というものですね。

(※3割は患者さんの自己負担なので、それを引いた残りを健康保険組合に請求します)

ほかにも受付や会計など、医療行為以外の事務全般が医療事務の仕事になります。

似たような関連の資格で、調剤薬局事務や、医師の事務作業を手伝う医療秘書、カルテの管理をする診療記録管理士、介護事務などもあります。

≫医療事務の仕事の種類について知りたい方はこちら

≫医療事務

≫就職に成功するためのアドバイス

資格取得のための勉強法

  • 独学とスクールのメリットデメリット
  • 通信と通学どっちがいい?

2018年度最新版!試験日程一覧